アルバイトの社会保険

社会保険はアルバイトも加入

社会保険とアルバイトの関係

国民皆保険制度及び国民皆年金制度は、20歳以上の人は必ず加入を行うものですが、企業等に属することで社会保険への加入がアルバイトなどでも可能となっています。無論、全員が加入出来るわけではありません。一定の年収等、要件を満たす場合に限ってこうした保険に加入が出来ます。一方、条件を満たさなかったりあるいは親の扶養などの場合には、国民年金に加入します。ただし、健保は親が加入しているものに含まれるなど、制度が分かりづらくなっていきます。もし、20歳以上の場合には、国民年金であっても支払えば社会保険料控除などの適用が親などにも適用出来るため、税金の面でお得さはあります。

加入対象が拡大している

平成28年10月から、社会保険(厚生年金・健康保険)の加入対象が広がりました。従業員501人以上の企業で、所定労働時間「週20時間以上」働く人が加入対象となりました。今年10月より前は、所定労働時間「週30時間以上」働く人が加入対象でした。加入対象が広がり、適用されるメリットとしては、将来もらえる年金の増加や、障害がある状態になった場合なども、より多くの年金がもらえることなどが挙げられます。パートやアルバイトとして働く短時間労働者でも、前述の週20時間以上の労働時間のほか、月額賃金が8.8万円以上、勤務期間が継続して1年以上の見込みがあるなどの条件を満たしていれば、保険加入対象となります。

社会保険に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP